ガジェット

【何が違うの?】コードレスアイロン「カルル」シリーズの違いと選び方を徹底解説

【何が違うの?】コードレスアイロン「カルル」シリーズの違いと選び方を徹底解説

毎日のアイロンがけ、めんどうな作業ですよね。

そんな毎日のアイロンがけを楽にしてくれるのが、コードレスアイロン。これがあれば、体にまとわりつく線に悩まされることなく、作業がスイスイ進んじゃいます。

価格.comを見てみると、パナソニックのカルルシリーズが人気です。アイロン部門で売れ筋一位を取っていることからも、その人気ぶりがうかがえます。

ですが、このカルルシリーズ。調べてみると、そこそこ種類があるんです。その数4種類。4種類ともなると、「どれを買えばいいの?」「自分に合っているのはどれ?」と悩んでしまいますよね

そこでこの記事では、カルルシリーズ各モデルの違いをわかりやすく解説していきます。きっとあなたに合うモデルが見つかりますよ!

 

  • カルルシリーズ各モデルの違いがわかります
  • カルルシリーズのうち、あなたに合うモデルがわかります

 

カルルシリーズはどこがどう違うの?

まず、大まかに性能の違いを図にしてみました。カルルシリーズは「NI-WL704」「NI-WL604」「NI-WL504」「NI-WL404」の4種類ですので、これらについて性能の違いを簡単に表すと下の図のようになります。

 

カルルシリーズの大まかな違いカルルシリーズの大まかな違い

 

これを見てわかる通り、番号が大きいほうが性能が高いということですね。

では、この性能について、もう少し詳しく見ていきます。性能の違いは、大きく分けて3つあります。

 

カルルシリーズ性能の違い

  • アイロンのかけやすさ
  • 手入れの楽さ
  • 安全性

 

では、各々についてもう少し詳しく見ていきますね。

 

アイロンのかけやすさ

アイロンのかけやすさとは、ずばり、アイロンの滑りが良いかどうかです。

カルルシリーズでは、すべての製品でアイロン面の素材が異なっており、そのためアイロンの滑りやすさも違っています。

それに加え、アイロン面の橋を丸く加工した「楽カール」があるかどうかでも、アイロンのかけやすさが変わってきます。楽カールがあれば、衣類の段差を気にすることなく、アイロンを楽にかけることができます。

 

手入れの楽さ

これに関して注目すべきは、1点だけ。目づまり防止機能の有無です。

カルルシリーズはスチームアイロンですので、水を使う以上、どうしても水垢による目づまりが起きやすくなってしまいます。

その目づまり防止のため、タンク内に「メタリン酸カルシウム」が内蔵されています。これにより、水垢ができにくくなっています。

防止効果は約15年続くとのこと。目づまりしにくくなるだけで、手入れがぐっと楽になりますよ

 

安全性

アイロンは火事のもとにもなります。安全性は非常に重要です。

カルルシリーズでは「うっかりストッパー」という機能があります。これは、電源を切り忘れたときに、自動で電源を切ってくれる機能です。

製品によっては、うっかりストッパーが付いていないものがありますので、購入の際は注意が必要です。

 

【目的別】カルルシリーズで購入すべきモデルってどれ?

高価でもとにかく楽にアイロンがけがしたいなら「NI-WL704」

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥12,068 (2019/08/18 13:23:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

アイロンがけ 手入れ 安全性 非搭載機能
一番かけやすい 非常に楽 安全に利用可能 なし

 

NI-WL704はカルルシリーズで1番高性能なモデルです。

アイロン面は「ミラーマジ軽」となっており、滑りやすさは最高。カルルシリーズで唯一「楽カール」になっていますので、衣類のちょっとした段差も無視できちゃいます。

加えて、衣類のしわ伸ばしに便利なスプレー機能が「マイクロスプレー」になっています。これも、カルルシリーズで唯一搭載されている機能。スプレーから出る細かい水噴射で、他モデルよりもシワ伸ばしが格段に楽になります。

また、目づまり防止機能やうっかりストッパーも完全装備していますので、手入れの楽さや安全性もばっちりです。

ただし高性能な分、カルルシリーズで一番高価になっています。値段が高くてもとにかく楽にアイロンがけがしたい!という方には、この「NI-WL704」がおすすめですよ。

 

手入れの楽さも安全性も大事にしたいなら「NI-WL604」

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥10,960 (2019/08/18 13:23:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

アイロンがけ 手入れ 安全性 非搭載機能
かけやすい 非常に楽 安全に利用可能 楽カール

 

 

NI-WL604はカルルシリーズで2番目に高性能のモデルです。

アイロン面は「セラミックコート」。「ミラーマジ軽」よりは滑りがわるいですが、通常のアイロンよりはよく滑る素材になっています。

スプレーは搭載していますが、マイクロスプレーではありません。とはいえ、そこまで酷いシワでなければ、問題なく伸ばすことができます。

目づまり防止機能やうっかりストッパーも完全装備。手入れも楽ですし、安全面もしっかりしています。

必要十分の機能が備わっており、「NI-WL704」よりも価格が抑えられていますので、カルルシリーズで一番コスパが高いモデルです。こだわらないのであれば、この「NI-WL604」一択ですよ。

 

価格を抑えても安全性にこだわりたいなら「NI-WL504」

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥7,624 (2019/08/18 13:23:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

アイロンがけ 手入れ 安全性 非搭載機能
少しかけやすい 少し面倒 安全に利用可能 楽カール/スプレー/目づまり防止

 

性能面でカルルシリーズ3番目のモデルが、この「NI-WL504」です。

アイロン面は「ハードチタンコート」。ミラーマジ軽やセラミックコートには劣りますが、そこそこ滑りやすい素材です。ただし、スプレー機能がありませんので、注意が必要です

うっかりストッパーが付いているので安全性は確保されていますが、目づまり防止機能がありませんので、手入れが少し面倒かもしれません

「NI-WL604」だと少し高いけど、安全性は大事にしたい!という方は、この「NI-WL504」がよいと思います。

 

とにかく安さを目指すなら「NI-WL404」

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥5,256 (2019/08/18 13:23:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

アイロンがけ 手入れ 安全性 非搭載機能
普通 少し面倒 注意が必要 楽カール/全温度スチーム/スプレー/うっかりストッパー/目づまり防止

 

「NI-WL404」はカルルシリーズで4番目の性能のモデルです。このモデルは、他のカルルシリーズと比べて、かなり多くの機能が削られています。

アイロン面は「シルバーチタンコート」。滑りやすさは普通レベルとなります。

スチーム量が少なく、低温設定でもスチームが使える「全温度スチーム機能」もありません。

また、目づまり防止機能がないことに加えて、カルルシリーズで唯一「うっかりストッパー」が付いていませんので、利用の際は他モデルよりも注意して使う必要があります。

「NI-WL404」は、とにかく安くコードレススチームアイロンを使いたい!という方向けとなります。

 

最後に

それでは最後に、カルルシリーズの違いをおさらいしておきます。

製品名 アイロンがけ 手入れ 安全性 非搭載機能
NI-WL704 一番かけやすい 非常に楽 安全に利用可能 なし
NI-WL604 かけやすい 非常に楽 安全に利用可能 楽カール
NI-WL504 少しかけやすい 少し面倒 安全に利用可能 楽カール/スプレー目づまり防止
NI-WL404 普通 少し面倒 注意が必要 楽カール/全温度スチーム/スプレー/うっかりストッパー/目づまり防止

 

以上が、コードレスアイロン「カルル」シリーズの違いと選び方を徹底解説でした。

私もカルルシリーズ使っていますが、カルルシリーズを使ってしまうと、他のアイロンが使えなくなってしまうほど。それくらい便利なアイロンです。

あなたも、ぜひこの便利さを感じてみてくださいね!

 

【結婚・出産・同居の疑問を解決!】楽しく住まいづくりを学べる無料アプリ「すまい塾」レビュー 生活をしていると、いろいろな問題にぶつかりますよね。その都度、色々な人に聞いたり、インターネットで調べたり。インターネッ...