ファッション

【膝に優しい靴】足が痛くなる人におすすめする最高のウォーキングシューズ5選

外を歩き回りたいけど膝が痛むんだよな。膝に優しい靴ってないのかなあ。

この記事では、そんな悩みにお答えします。

かく言う私も、膝の痛みに悩んで10年以上。膝の痛みの辛さは、本当によくわかります。もっと外出したい。でも、膝が痛くてあまり出歩けない。私も、よく感じていた悩みです。

では、なぜ膝が痛くなってしまうのか。もちろん骨格など身体的な特徴の影響もありますが、靴が合っていないことも原因の一つです。靴があなたの身体に合っていれば、確実に今の膝の痛み、足の痛みを減らすことができます

そこでこの記事では、どんな靴が膝に負担がかかりにくいのか。どんな靴を履けば、足が痛くなりにくいのかを詳しく解説した後で、おすすめの靴をご紹介していきますね。

 

  • 膝が痛くなる理由がわかります。
  • 膝に優しい靴がどのような靴なのかがわかります。
  • 膝に優しいおすすめの靴を厳選してご紹介します。

 

膝が痛くなるのはどうして

膝が痛くなるのはどうして

ずばり、膝への負担が大きすぎるからです。

『そりゃそうだろ』と思うところですよね。そうです、膝が痛くなる理由はかなり単純です。

とはいえ、膝への負担と一言で言っても、人によって負担になる理由は様々です。もともとの骨格が原因の方もいれば、歩き方が悪い方、膝の関節が通常よりも炎症を起こしやすい方など、理由を挙げればきりがありません。

ですが、その全員に共通して言えることがあります。

 

それは「靴に優しい靴に変えることで、膝への負担を減らすことができる」ということ。

 

靴はどのような方でも外出時に履くものですよね。そのうえ、靴は地面とダイレクトに接している部分です。ですから、どのような方の膝にも、靴による影響が大きいと言えます。

逆に言えば、膝に優しい靴を履くことで、膝への負担が確実に減らせます。膝に優しい靴が皆さんの膝の痛みを和らげてくれるのです

では、次にどのような靴が膝に優しい靴のなのかを解説していきますね。

 

膝に優しい靴・足が痛くなりにくい靴とは

膝に優しい靴・足が痛くなりにくい靴とは

膝に優しい靴かどうかは、以下の3つの要素できまります。

 

  • ソールの厚みが適切か
  • 足首がぶれにくいか
  • 推進力を補助する構造になっているか

 

それでは、一つ一つ細かく解説していきますね。

 

ソールの厚みが適切か

ソールとは、靴底のことです。膝に優しい靴というものは、このソールが薄すぎず、分厚すぎない適切な厚みを持っています。とはいえ、分厚すぎる靴というものは、ほぼ無いといっても過言ではありません。ですので、ソールが薄すぎない靴であれば大丈夫です

具体的な数値でいうと、ソールの厚みは3㎝前後が望ましいと言えます。ただし、ソールの形状によって、この数値は前後しますのであくまで目安になります。

 

足首がぶれにくいか

足首のぶれは、膝の痛みに直結します。足首がぶれれば、それだけ膝がグラつきますので、膝への負担が増えます

足首のぶれにくさは、いくつかの要素によって決まります。かかと部分が高くなっており、しっかりのホールドしてくれる靴を始め、独自の構造により足首がぶれにくくなっている靴など様々です。

足首のぶれにくさに関しては、その靴の機能を確認することが大切です。この記事では、足首がぶれにくい靴を厳選してご紹介していきますので、ご安心くださいね。

 

推進力を補助する構造になっているか

推進力の補助とは、歩行の際、前方向に勝手に進みそうになる力のことを言います。

少し靴とは離れますが、下り坂などがいい例です。下り坂を歩いていると、勝手に身体と足が前に進んでいきますよね。これがこの記事でいうところの推進力です。

ですから、この下り坂のような効果が、靴にあるかどうかが重要になります。

こちらについても、足首のぶれにくさと同様、靴の機能を確認する必要があります。この記事でおすすめする靴については、すべて推進力補助機能があることを確認しています。

 

膝に優しいおすすめのおすすめのウォーキングシューズ5選

膝に優しいおすすめのウォーキングシューズをご紹介していきます。メンズ、レディースどちらもご紹介していきますので、あなたに合ったものを選んでみてくださいね。

ミズノ ウォーキングシューズ LD40 Boa

created by Rinker
MIZUNO(ミズノ)
¥12,782 (2019/05/26 20:18:15時点 Amazon調べ-詳細)

ミズノから出ているウォーキングシューズ。ぶっちゃけて言いますと、デザインが嫌い!という方でなければ、この靴一択です。そのくらい素晴らしい靴になります。

ソールはミズノウェーブと呼ばれるものを使っています。これは、クッション性と安定性を両立している、ミズノ独自の技術。ソールの構造により、膝への負担軽減だけでなく、足首のブレを抑えることにも成功しています

また、スムーズライドと呼ばれる設計により、推進力も確保しています。柔らかな着地からスムーズな体重移動、そして強い蹴り出し。この3つにより、今以上にスムーズな歩き心地が得られます

加えて、この靴はBoaを採用しています。これは、靴ひもの代わりにダイヤル調節可能なワイヤーを用いて足を固定するものです。ゴルフシューズなどによく見られるもので、簡単な着脱と快適なフィット感を両立しています。私としては、今持っている靴すべてがこのBoaになってくれたらと思うほど便利な機能です。Boaについては下記で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

【着脱性抜群】履きやすくて脱ぎやすいフィット感抜群なBoaシステムを徹底解説
【着脱性抜群】履きやすくて脱ぎやすいフィット感抜群なBoaシステムを徹底解説 この記事では、そんな悩みにお答えします。 靴は毎日のように履くもの。できるだけ履きやすくて、脱ぎやすいものが欲しい...

膝に優しく、着脱も簡単。フィット感も素晴らしい。3拍子揃った完璧な靴です。本当に心からおすすめできる靴ですよ。

 

ミズノ ウォーキングシューズ ウエーブリム DT3

こちらもミズノ。先ほどのLD40 Boaよりもカジュアルな靴を選択しました。

先ほどと同様、ミズノウェーブを搭載。クッション性と安定性を両立しています。足首のブレを抑えつつ、膝への負担を減らすことができます

ただし、こちらの靴はスムースライド非搭載。LD40 Boaと比べると推進力は弱めです。

この靴の特徴は、ドットパンチングと呼ばれる靴全体にみられる水玉模様。これにより、通気性を良くするとともに、様々な服に合わせられるようなシンプルなデザインにしています

膝に優しい靴が欲しいけど、デザインも大事!という方には、この靴がおすすめですよ。

 

アシックス ウォーキングシューズ GEL-MOOGEE

created by Rinker
asics walking(アシックスウォーキング)
¥8,000 (2019/05/26 20:18:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
asics walking(アシックスウォーキング)
¥5,436 (2019/05/26 20:18:18時点 Amazon調べ-詳細)

アシックスから出ているウォーキングシューズ。

GEL-MOOGEEは、ソールにグルーヴチェンジ構造を採用。グルーヴチェンジ構造とは、かかととつま先、足裏中央の溝を連動させる構造のこと。これにより、足への負担を軽減しつつ、推進力も備えることができています

また、ソールには反発性に優れたスピーバ素材と、衝撃吸収に優れたゲル素材の両方を搭載。適切な反発性とクッション性により、膝への負担を最大限に軽減することができます

加えて、GEL-MOOGEEはゴアテックスを採用しています。ゴアテックスは、防水性と通気性に優れ、登山靴にも採用される素材。これにより、足もとの快適性は抜群です。

膝に優しく、雨の日でも安心な靴が欲しい方はこの靴で決まりですね。

 

ニューバランス  ウォーキングシューズ 880

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥8,500 (2019/05/26 20:18:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥9,710 (2019/05/26 20:18:20時点 Amazon調べ-詳細)

ニューバランスのウォーキングシューズ。

ソールにはTRUFUSE構造を採用。これは、今までニューバランス様々な靴に採用されてきたクッション性素材ABZORBと高耐久素材ACTEVA、2つの素材を重ね合わせたものです。

これにより、クッション性と耐久性からくる安定性の両立ができています。膝への負担軽減効果は抜群。膝に優しい靴に仕上がっています。

これだけいい靴に仕上げつつも、ニューバランスのデザイン性は健在。新モデルになって、よりスタイリッシュになったデザインは、様々なカジュアルファッションにぴったりマッチするはず

ニューバランス好きで、膝に優しい靴が欲しい!という方はこの靴がおすすめです。

 

ヨネックス ウォーキングシューズ パワークッション

ヨネックスのウォーキングシューズ。

ソールには、パワークッションを採用。これは、7mの高さから落とした生卵が割れずに4m以上も跳ね上がるという、衝撃吸収かつ反発性に優れた素材

このパワークッションにより、足にかかる衝撃を吸収しつつ、推進力をも兼ねそろえたウォーキングシューズになっています

加えて、この靴はサイドファスナーを搭載していますので、着脱が非常に楽ちんです。Boaに比べると少し劣りますが、それでも毎回靴紐を結ぶ必要がないというのは、便利なところですよね。

こちらの靴は、Amazonのレビューも高評価が多いです。188件というレビュー数にも関わらず、☆4.5という高評価。

無難なデザインですので、普段使いにも問題ありません。あまりカジュアルな靴はちょっと…という方にはこの靴ですね

 

最後に

以上が、足が痛くなる人におすすめ最高のウォーキングシューズ5選でした。

私も感じていた膝の痛み。同じ悩みを抱えている方が、少しでも減ってほしい。そんな気持ちで、この記事を書きました。

ぜひぜひ、膝に優しい靴を履いて、たくさん外出を楽しんでみてくださいね。