ファッション

【初心者にもおすすめ】5000円前後で買えるおすすめの高機能ランニングシューズ5選【コスパ最良】

【初心者にもおすすめ】5000円前後で買えるおすすめの高機能ランニングシューズ5選【コスパ最良】
5000円前後のちゃんと使えるランニングシューズが欲しい人
5000円前後のちゃんと使えるランニングシューズが欲しい人
運動用にランニングシューズが欲しいけど、どれがいいんだろう。10,000円以上する高いのが多いけど、もう少し安いのが欲しいなあ。10,000円はちょっと出せないから、5,000円前後でしっかり使えるランニングシューズのおすすめが知りたいな。

運動の王様、ランニング。手軽に始められるのに、カロリーの消費効率が良いランニングは、今やダイエットの代表格です。夕方や休みの日になると、川沿いを走るランナーたちが、気持ちよさそうに汗を流していますよね。

ただし、『手軽に始められる』と言っても、靴選びは非常に重要。中途半端な靴でのランニングは、膝の痛みや腰の痛みを感じやすくなります。場合によっては、ランニングをしたせいで、身体に大きなバクダンを抱えてしまうこともしばしばです。

『でも、ランニングシューズに10,000円もかけてられないし、できれば、安くて高機能なコスパの良いランニングシューズが欲しいなぁ。』

そんなあなたにこの記事では、5,000円前後で購入できるおすすめのランニングシューズをご紹介していきます。ぜひこの記事を参考にして、ランニングで流す気持ちの良い汗を楽しんでみてくださいね。

 

5000円前後で買えるおすすめの高機能ランニングシューズ5選

それではさっそく、おすすめのランニングシューズを紹介していきます。紹介するランニングシューズは全部で5種類。どれも有名メーカーの高機能なランニングシューズになっています。

なお、メンズ・レディースどちらの商品画像も掲載しておきますので、気になったものがあれば、ぜひご確認くださいね。上の商品画像がメンズ、下の商品画像がレディースです。

 

ニューバランス バーサタイル MVERS

created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥2,966 (2019/08/18 22:53:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
new balance(ニューバランス)
¥2,505 (2019/08/18 22:53:41時点 Amazon調べ-詳細)

最初にご紹介するのが、このニューバランス バーサタイル。実はこれ、国内だとアマゾンだけでしか購入できない限定モデルなんです。

ランニングシューズで特に重要なポイントと言えば、靴底にどのような素材が使われているか。硬い靴底ですと足への負担も大きくなりますし、足の蹴り出しも悪くなります。

一方このバーサタイルに使われている素材は、ニューバランスの独自素材CUSH+。ニューバランスには様々なクッション素材がありますが、CUSH+はその素材の中でも一番柔軟な素材です。加えて適度な反発性があるため、足への負担を減らしつつ、走りやすさも担保しています。

タウンユースにも使える、シンプルかつ飽きの来ないデザイン。5,000円前後のランニングシューズとしては、このバーサタイルが特におすすめですよ。

 

アシックス GEL-CONTEND 5

次に紹介するのは、アシックスから出ているGEL-CONTEND 5

アシックスのランニングシューズには、GELシリーズと呼ばれるラインナップが存在します。このGEL-CONTEND 5もその例に漏れず、GELシリーズの1つです。

GELシリーズには一貫した特徴として、かかと部に衝撃吸収用素材のゲルを内蔵しています。加えて、このGEL-CONTEND 5にはクッション性をより高めるAMPLIFOAMを靴底に採用。これら2つが、足への負担を大きく軽減することにより、快適なランニングを後押ししてくれます

落ち着きのあるデザインから、ランニングシューズ感のある派手目なデザインまであるGEL-CONTEND 5。お手軽価格でGELシリーズの良さを知りたいなら、GEL-CONTEND 5一択です。

 

ミズノ ウェーブソニック

『この価格で、よくこれだけの機能を詰め込んだなぁ…』

そう思わせてくれたランニングシューズが、ミズノから出ているウェーブソニックです。

ミズノの靴と言えば、ミズノウェーブ。足の負担を軽減させつつ、歩き心地や走り心地を良くしてくれるミズノウェーブは、ミズノの高機能シューズには必ずと言っていいほど搭載されている機能の1つです。

このウェーブソニックにも、そのミズノウェーブが搭載されています。加えて、U4icXと呼ばれる反発力とクッション性を両立した素材を靴底に使うことにより、走りやすさをより向上させることに成功しています

また、靴の前部分をすべてメッシュ素材にすることにより、通気性とフィット感が大きく向上。これによって、ランニング時も不快感を感じることがありません

なおこのウェーブソニック、Amazonでは5,000円前後ですが、店舗で購入するともう少し高くなる可能性が高いです。私としては、Amazonでの購入をおすすめします。

 

ナイキ ダウンシフター 8

超快適なのに、タウンユースも問題なしのランニングシューズがこのダウンシフター8です。

見ての通り、普段使いにも最適なデザイン。ですがこのダウンシフター8には、見た目以上の履き心地を支える様々な技術が満載です。

まずは靴全体に及ぶメッシュ構造。見た目の良さと、軽さ・通気性を両立したこの構造により、快適なランニング体験をぐっと補助してくれます。加えてこのメッシュ構造により、少々の汚れをはじいてくれますよ。

また、靴底にはPhylonと呼ばれるソールを採用。Phylonは軽量かつ弾力性が高い素材。そのため、足全体への衝撃を大きく減らすクッショニング性能を秘めています。

デザイン性と走りやすさ。さすがナイキと言った出来のダウンシフター8。ランニング用としてだけでなく、日常的にも使えるこの靴は、万人におすすめできるランニングシューズです

 

アディダス KOZMI 2

雲の上を歩くような感覚。柔らかく適度な反発力。歩くにも走るにも使える。アディダスから出ているKOZMI 2を端的に表すと、このような感じの靴になっています。

今まで紹介してきた靴と同様、このKOZMI 2の靴底にも、快適な足回りをサポートする独自素材が使われています。その名もCloudfoam。今回紹介した他の靴よりも、1,000円近く安いKOZMI 2。ですが、それでも他の靴と遜色ない快適さを作り出している理由が、このCloudfoamになります。

まさしく『雲の上を歩いている』ような柔らかさ。フワッフワッとした踏み心地からは、コストパフォーマンスの高さを身体で感じることができます。

デザインよりも安くて走りやすい靴が欲しいなら、KOZMI 2が最適解です。まずはこの靴の購入から、検討してみても良いかもしれませんね。

 

最後に

以上が、5000円前後で買えるおすすめの高機能ランニングシューズ5選でした。

何度も言いますが、ランニングにおける靴選びとは、一番重要な要素です。変に安い靴でランニングを頑張っても、それは身体に負担をかけるだけかもしれません。

この記事で紹介した靴は、どれも高機能でコスパの良いものばかり。この中からあなたに合った靴を見つければ、あとは快適なランニング生活のはじまりです。

ランニングで気持ちの良い汗を。ぜひこの記事で紹介した靴を使って、あなたのランニング体験を、よりよいものにしてみてくださいね。