ガジェット

【Androidで完全ワイヤレス】Androidユーザーが使うべきおすすめのaptX対応完全ワイヤレスイヤホン5選

Android向けの完全ワイヤレスイヤホンが欲しい人
Android向けの完全ワイヤレスイヤホンが欲しい人
完全ワイヤレスイヤホンが欲しいけど、たくさん出ていてどれを使えばいいのかわからないなあ。値段も幅広いし、正直何を信じていいんだろう。Androidユーザーが使うべき、完全ワイヤレスイヤホンを知りたいな。

ケーブルレスでストレスフリー。今や多くの人に愛される完全ワイヤレスイヤホンは、生活に無くてはならないものになっています。

私自身も、完全ワイヤレスイヤホンが出始めのときから使っていますが、正直、今は無法地帯。名も聞いたことない企業から、多くの格安ワイヤレスイヤホンが発売され、そして☆5のレビューだけは異常に多い。

『これじゃ、どれが本当に使える完全ワイヤレスイヤホンなのか、よくわからないなあ…』

そんなあなたにこの記事では、Androidスマートフォン向けの本当に使える完全ワイヤレスイヤホンを紹介していきます。完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントに関しても、合わせて解説していきますので、ぜひぜひ参考にしてくださいね。

 

Androidユーザー向けの完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイントについて

Androidスマートフォン向け完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ際に注意すべき点については、『【AndroidでAirPodsは使うな】Android向け完全ワイヤレスイヤホンの選び方と注意点を徹底解説』という記事で、詳しく書いていますので、この記事では要点だけを説明していきます。

選ぶポイントについては、以下の2点となります。

  • 音楽だけを楽しみたいならaptX接続ができるものを選ぶ
  • 動画も楽しみたいならaptX-LL接続ができるものを選ぶ

 

このaptXやaptX-LLというのは、Bluetoothの接続方式のこと。完全ワイヤレスイヤホンをスマートフォンと接続する際は、Bluetoothを用います。このBluetoothにも接続方式がいくつかあり、購入するイヤホンによって使える接続方式は異なってきます

ですから、完全ワイヤレスイヤホンを購入する際は、性能だけでなくBluetoothの接続方式が重要となってきます。そしてここでポイントなのが、接続方式によって音質の違いや遅延が発生してしまうということ。

詳しく説明すると長くなってしまうので割愛しますが、とにかく、Androidで音楽を楽しみたいなら『aptX』動画も頼みしたいなら『aptX-LL』に対応した完全ワイヤレスイヤホンを選ぶようにしましょう。

なお、この記事はaptX対応のワイヤレスイヤホンを紹介する記事となります。もし動画も楽しみたい方であれば、『【低遅延で動画もOK】aptX LL採用のおすすめワイヤレスイヤホン・ヘッドホン10選』という記事をぜひお読みくださいね。

 

Androidユーザーが使うべきおすすめのaptX対応完全ワイヤレスイヤホン5選

それではここから、AndroidユーザーにおすすめのaptX対応完全ワイヤレスイヤホンを紹介していきます。どれも非常に優秀な完全ワイヤレスイヤホンばかりですので、あなたに合ったものが見つかるはずですよ。

なお、本当は10選にしたかったのですが、おすすめのものを絞り込んだ結果5選になってしまいました。その分、かなり時間をかけて厳選しましたので、気に入ったものがあればぜひ使ってみてくださいね。

 

AVIOT TE-D01d

性能
コスパ
おすすめ度

特におすすめなのが、このAVOITから出ているTE-D01d。この価格でこの性能。最初に見た瞬間『嘘だろ…』と、度肝を抜かれました

素晴らしいポイントはありすぎて紹介しきれないので、2つに絞ります。1つは『バッテリーの持ち』。もう1つは『接続の安定性』

まずはバッテリーの持ち。今までの完全ワイヤレスイヤホンですと、連続で4時間程度しか使えませんでした。使い終わったら、充電バッテリー付きケースに入れて、充電しながら持ち運ぶ。これが今までの普通の使い方でした。

しかしこのTE-D01d。なんと連続使用最長9時間。とんでもないスタミナを秘めた完全ワイヤレスイヤホンになっています。これであれば、充電機能付きケースを持たずに手軽に持ち運びできちゃいますよね。

次に接続の安定性。完全ワイヤレスイヤホンの中には、ブツブツ音が切れてしまうものがあります。一方このTE-D01dは、他の追随を許さないレベルの接続安定性を誇ります。

その大きな理由の1つが、最新チップの『QCC3026』を使っていること。このチップを使っていることにより、受信感度が大幅に向上しています。加えて、今後主流になるとみられる『TrueWireless Stereo Plus』にも対応という最先端っぷり。

まさに『度肝を抜かれるほどの性能』を秘めた、TE-D01d。日本製という安心感からも、現時点で出ている完全ワイヤレスイヤホンの中で、これが一押しです。

 

NUARL NT01AX

性能
コスパ
おすすめ度

『完全ワイヤレスイヤホンになら、2万円ぐらいまで出せる…!』という方には、このNT01AX一択です。本気でこれ、すごいです。

NUARLから出ているイヤホンはNT01シリーズと言われていまして、このNT01AXはその最上位機種。最上位機種らしく、今までとがったイヤホンを多数輩出してきたNUARLの技術が、最大限発揮されています

その技術の1つが、HDSS。これはNUARLが開発した新たな音響技術でして、HDSSを採用するのとしないのでは音質が段違い。歪みのないクリアなサウンドや臨場感は、一度聞くと『あ、凄い…』と呟いてしまうこと間違いなしです。

加えて、最近の完全ワイヤレスイヤホンのトレンドもばっちり押さえています。上記TE-D01dと同様、最新チップ『QCC3026』を採用し、音切れに強く安定した接続を実現。連続再生時間においては、TE-D01dを超える10時間と、その高性能さはTE-D01d以上です。

『予算は2万円前後。使いやすさと音質、どちらも大事。』という方はNUARL NT01AXが超おすすめですよ。

 

ZERO AUDIO TWZ-1000

created by Rinker
ゼロオーディオ(ZERO AUDIO)
¥12,872 (2019/08/18 22:54:39時点 Amazon調べ-詳細)
性能
コスパ
おすすめ度

ついに、ついにZERO AUDIOから完全ワイヤレスイヤホンが出ましたよ!

低価格ながら、『控えめに言っても音質が良すぎる』と評判だったZERO AUDIO。そんなZERO AUDIOから発売されたのは、なんと最上位かつ超高性能完全ワイヤレスイヤホン『TWZ-1000』です。

ZERO AUDIOと言えば、バランスが良く聴いていて心地良い音。TWZ-1000もその例に漏れることなく、格別のバランスの良さがあります。全体的に繊細な音を出しつつも、分厚い低音が心地よく響く。TWZ-1000は、音楽を楽しんで聞きたい人にぴったりの完全ワイヤレスイヤホンと言えます。

また、接続の安定性についても、信頼できる設計がなされています。大きな特徴は、『LDSアンテナ』を採用しているという点。

LDSとは、簡単に言うと『レーザーを用いて、プラスチックに回路基板を書き込んじゃおう』という技術でして、このLDSを使ってアンテナを作ることにより、『ここをアンテナにしたら一番安定した通信ができる』という部分に、アンテナを設置することができるのです。

だからこそ、安定的な接続を可能にしたTWZ-1000。この他、TE-D01dなどと同様に最新チップの『QCC3026』を採用していますので、より高い接続安定性を誇っています。

音質良し、安定性良しのTWZ-1000。楽しく音楽を聴きたい方は、ぜひTWZ-1000をご検討くださいね。

 

Master & Dynamic MW07

性能
コスパ
おすすめ度

最高級のラグジュアリ―感。そして、最高級の性能。何事にも妥協したくない人が選ぶべき完全ワイヤレスイヤホンが、このMW07です。

見ての通り、イヤホンとは思えないような斬新かつ上品なデザイン。ただし素晴らしいのは見た目だけではありません。その性能や使いやすさも、はっきり言って別次元。まさに最高クラスの完全ワイヤレスイヤホンに仕上がっています。

特筆すべきは、耳への吸い付くような装着感。Amazonの説明写真を見ていただければわかりますが、耳に適度な引っ掛かりを持つような形状にしています。この形状は『Silicone “Fit Wings”』と言い、特許申請中とのこと。我々の技術を他に真似されて貰っては困る、という気概が感じられます。

また、音質も非常に素晴らしい。バランスの良い透明感のある音を出してくれながら、重低音もしっかりしている。どのようなジャンルでも、快適に聴くことのできる仕上がりです。

左右のイヤホンを磁気誘導によって接続する『NFMI』を採用することにより、接続安定性を大きく向上させているのも、大きな特徴の1つ。妥協したくないあなたには、MW07が最適解ですよ。

 

MAVIN Air-X

性能
コスパ
おすすめ度

『完全ワイヤレスイヤホンでも重低音が欲しい!』

そんなあなたにおすすめなのが、このAir-Xです。この価格帯の完全ワイヤレスイヤホンの中で重低音を楽しみたいならAir-X一択、と言っても差し支えないほどの重低音。Amazonレビューにおいても、重低音の良さを謳っている書き込みが多く見られます。

と、ここまで重低音について書いてきましたが、性能の高さも悪くありません。と言うより、かなり良くできています

連続再生時間は10時間。最新チップの『QCC3026』を採用し、高い接続安定性。たった10分で、1時間再生できるほどの急速充電が可能と、今回紹介した完全ワイヤレスイヤホンに引けを取らない性能となっています。

ちなみに私が『これいいなぁ…』と感じた点が1つありまして、それが充電ケースの形状です。見ての通り、とにかく取り出しやすそうな形状で、ここが非常に好感が持てるのです。

と言うのも、完全ワイヤレスイヤホンを使いたいときに一番気を遣うポイントが、落とさないかどうか。電車の中で落としそうになったときは、本当にヒヤッとします。Air-Xですと、その心配がなくなりそうで、『これいいなぁ…』と思ったわけです。

使いやすくて、高性能。重低音もばっちり。重低音好きの方には、Air-Xがおすすめですよ。

 

最後に

以上が、Androidユーザーが使うべきおすすめのaptX完全ワイヤレスイヤホン5選でした。

しっかり使えば便利な完全ワイヤレスイヤホンも、合わないものを選べばストレスの塊となります。音質悪い。ノイズが聞こえる。ぶつぶつ切れる。そんな完全ワイヤレスイヤホンは、絶対に使いたくないですよね。

完全ワイヤレスイヤホンで、自分の時間に彩を。ぜひこの記事を参考に、あなたのスマートフォンに合った完全ワイヤレスイヤホンを選んでみてくださいね。