ガジェット

【低遅延で動画もOK】aptX LL採用のおすすめワイヤレスイヤホン・ヘッドホン10選

【低遅延で動画もOK】aptX LL採用のおすすめワイヤレスイヤホン・ヘッドホン10選
aptX LL採用のワイヤレス再生機器が欲しい人
aptX LL採用のワイヤレス再生機器が欲しい人
ワイヤレスのイヤホンかヘッドホンが欲しいな。遅延がなくて動画も見れると嬉しいなぁ。

 

この記事では、そんな悩みにお答えします。

Bluetoothで唯一、動画やゲームにも使えるのがaptX LL。他の接続方式と比べ、非常に遅延が少ないのが特徴です。

これだけ便利なaptX LLですが、採用されているイヤホンやヘッドホンは非常に少ないのが現状です。家電量販店に行っても、aptX LL採用のイヤホンやヘッドホンを見つけることは、難しいと思います。

そこでこの記事では、aptX LLを採用しているワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを徹底的に調べ上げ、その特徴も含めてご紹介していきます。事前知識として、aptX LLの特徴も記載しておきますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ちなみに、aptX LLではなく、おすすめのaptX対応の完全ワイヤレスイヤホンについても記事を書いていますので、もしよろしければそちらもご覧くださいね。

>【Androidで完全ワイヤレス】Androidユーザーが使うべきおすすめのaptX対応完全ワイヤレスイヤホン5選』読む

 

 

Bluetoothコーデック『aptX LL』の特徴

Bluetoothコーデックには、aptX LLの他、様々なコーデックがあります。現在よく使われるコーデックの特徴は以下の通りです。

SBC 圧縮率を優先したコーデック。音質が悪く、音楽再生には向かない。また、遅延が大きいため、動画再生との相性が悪い。
AAC 音質はそこそこ。遅延はSBCよりは小さいが、動画再生時は、ズレを感じる場合も多い。
aptX 音質はそこそこ。遅延はSBCやAACよりも小さい。動画再生時は、少しズレを感じる場合がある。
aptX LL LLはLow Latencyの略で、遅延が少ないことを示す。音質はそこそこであり、遅延が非常に少ない。動画再生の際も、ズレを感じることはほぼない。
aptX HD aptXをハイレゾ対応にしたもの。音質は非常によい。遅延はaptX-LLに比べて大きく、動画再生時は、少しズレを感じる場合がある。
LDAC ソニーが開発したハイレゾ対応コーデック。音質は非常に良い。遅延はaptX-LLに比べて大きく、動画再生時は、少しズレを感じる場合がある。

 

上記のように、動画再生ならaptX LL一択ですね。ここまででaptX LLの特徴をおさらいできたと思いますので、次からaptX LL採用のワイヤレスイヤホンとワイヤレスヘッドホンをご紹介していきます。

 

aptX LL採用のおすすめワイヤレスイヤホン

まずは、ワイヤレスイヤホンから。ワイヤレスイヤホンは、完全ワイヤレスイヤホン左右一体型ワイヤレスイヤホン(左右のイヤホンが一本のケーブルで繋がれており、首の後ろを通して使うもの)に分かれていますので、あなたの利用スタイルに合わせて、検討してみてくださいね!

aptX LL採用のおすすめ完全ワイヤレスイヤホン

aptX LL採用の完全ワイヤレスイヤホンは、正直言ってかなり少ないです。というより、現時点では、3つしかありません。以下が、aptX LL採用の完全ワイヤレスイヤホンになります。

 

Nuheara IQ buds BOOST

機能性
コスパ
おすすめ度

お値段を見て驚いたと思います。

が、それだけの革新的な機能が多数搭載されているのが、このIQ buds BOOSTです。

一番の特徴は、独自のSINC技術を採用していること。周囲の環境音から騒音だけを低減し、快適な視聴を可能としています。また、個人が持つ聴力を計測し、その人に合った音に最適化する機能を持っており、そのポテンシャルは未知数です。

ただし、やはり値段が高すぎるのがネックですね。おすすめではありますが、これが一押し!とは言えません。こだわりたい方向けのハイエンドワイヤレスイヤホンですね。

 

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥33,750 (2019/07/23 10:51:36時点 Amazon調べ-詳細)
機能性
コスパ
おすすめ度

2018年12月に満を持して発売された、aptX-LL対応の完全ワイヤレスイヤホンです。

恐らく、現時点で売られているaptX-LL対応完全ワイヤレスイヤホンの中で一番性能が良く、一番信頼できる製品がこの『MOMENTUM True Wireless』になります。

良いところがありすぎて書ききれないのですが、特筆すべき点としては2つ。『装着感の良さ』『音質の良さ』です。

 

『MOMENTUM True Wireless』は完全ワイヤレスイヤホンの中でもかなり小型の部類です。それゆえ、耳に吸い付くような装着感が得られます。

小型だと落ちてしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、フィット感が良いため落とす心配はありません。小さくて落ちない。ストレスを感じることなく、長時間音楽を楽しむことができますよ。

 

次に音質の良さ。Apple Airpodsと比べても『Airpodsが全く相手にならないほど音質が良い』と評判です。この小ささでなぜこんなに良い音が出るのかと驚きを隠せません。

ゼンハイザーと言えば、少し低音が主張しすぎていることがあるのですが、この『MOMENTUM True Wireless』は違います。非常にバランスが良く、長時間聞いていても疲れや飽きを感じることはありません。音質重視の方にも強くおすすめできる完全ワイヤレスイヤホンだと思います。

 

上記2つの他にも、タッチ式の操作パネルによる直感的操作など、素晴らしい点が多い『MOMENTUM True Wireless』。aptX-LL対応の完全ワイヤレスイヤホンが欲しい方には、本当におすすめしたい一品です

 

NuForce BE Free8

機能性
コスパ
おすすめ度

こちらは、私も愛用している完全ワイヤレスイヤホンです。

この価格帯で、aptX LLの採用に加え、左右で音切れしにくい最先端技術「NFMI」を搭載しているものは、他にありません

Amazonでのレビューは評価が低めになっていますが、低評価の方はiPhoneと繋いでいる方が多いようです。

私のAndroid端末(Xperia Z1とGalaxy S9+)では、全く不快なところはありませんでしたので、やはりiPhoneとの相性が悪いだけなのかな、と。

こればかりは断言できませんが、私が使う上では全く問題なく、むしろ快適に使えている完全ワイヤレスイヤホン。上記『MOMENTUM True Wireless』は少し価格が高すぎるなぁ、と感じる方にはぴったりです。

なお、このBe Free8については、レビュー記事も書いていますので、よろしければそちらもどうぞ。

メインイメージ
【Androidで音楽聞くならこれ!】完全ワイヤレスイヤホン「NuForce BE Free8」レビューイヤホンっていいですよね。どんなところにいても、自分の世界に入ることができます。 しかし、その楽しみを邪魔されることもしばしば。特...

 

aptX LL採用のおすすめ左右一体型ワイヤレスイヤホン

aptX LL採用の左右一体型ワイヤレスイヤホンで、おすすめのものは3つです。すべてゼンハイザーから出ているものですが、一つ一つ特徴が違っていますので、それを中心にご説明していきますね。

 

ゼンハイザー CX 6.00 BT

機能性
コスパ
おすすめ度

音質、利便性、コスパ。3拍子揃った左右一体型ワイヤレスイヤホンです。

多くの音楽愛好家を唸らせてきたゼンハイザーらしさはそのままに、aptX LLにまで対応してきた技術力には脱帽です。

バッテリーの持ちも良く、6時間の連続再生が可能です。7時間近くも連続再生できたとのレビューもありますので、普段使いには問題ないレベルですね。

今回紹介するワイヤレスイヤホンの中では、一番バランスが良いモデルです。左右一体型でもよい、というのであれば、かなりおすすめできるイヤホンです。

 

ゼンハイザー CX SPORT

機能性
コスパ
おすすめ度

ランニングやフィットネスなど、スポーツをしながら利用したい、という方はこちらのCX SPORTがおすすめです。

基本的な性能としてはCX 6.00 BTよりも若干劣りますが、防水性の高さがこのイヤホンの最大のポイント。汗や雨を気にせず使えるというのは、非常に嬉しいところですよね。

フィット感も良く、激しめの運動でも快適に使えるワイヤレスイヤホンは、これ以外にありません。運動中の利用を考えている方は、このCX SPORTをご検討くださいね。

 

ゼンハイザー MOMENTUM Free

機能性
コスパ
おすすめ度

ゼンハイザーの人気モデルMOMENTUMのワイヤレスバージョン。MOMENTIUMが持つ、頭一つ抜けたデザイン性と音質は、このMOMENTUM Freeにも受け継がれています。

見ていただければわかりますが、非常に高級感があるデザインに仕上がっており、ファッションの一部としても、大いに活躍してくれます。高いデザイン性もさることながら、出す音も素晴らしいものです。ワイヤレスでここまでの音が出せるのか、と驚くこと間違いなしです。

ただし、少々値段が高いのが唯一の問題点ですね。値段以上の機能を備えてはいますが、簡単には手を出せないというのが、正直なところだと思います。ワイヤレスでも、音に妥協したくない、という方はこのイヤホンがベストバイですよ。

 

aptX LL採用のおすすめワイヤレスヘッドホン

aptX LLを比較的手ごろに体験したいのであれば、イヤホンではなく、ヘッドホンがおすすめです。

イヤホンですとすべて1万円以上となっていますが、ヘッドホンであれば1万円以下と、手を出しやすい価格のものもあります。1万円を超えるものはちょっと…という方は、ワイヤレスヘッドホンを検討してみてくださいね!

【1万円以下】aptX LL採用おすすめワイヤレスヘッドホン

まずは1万円以下のエントリーモデルからご紹介。エントリーモデルと言っても、今回ご紹介するものは、普段使いには問題ないほどのスペックを持っているものばかりです。手軽にaptX LLを試してみたい方には、ぴったりのヘッドホンですよ。

 

AUSDOM Bluetoothヘッドホン

機能性
コスパ
おすすめ度

間違いなくコスパ最強のワイヤレスヘッドホン。この値段でaptX LLを採用しているモデルは、他にはありません。

音質はそこそこですが、一回の充電で20時間使える十分なバッテリー性能や、折りたたみ可能であること、有線でも利用できることなどを考えると、かなり魅力的なヘッドホンと言えます。

良く言われる中華ヘッドホンというやつですが、このAUSDOMが作るものは軒並み評価がよく、作りも非常にしっかりしているとのこと。手軽にaptX LLを楽しみたいのであれば、まずはこれを検討してみることをおすすめします。

 

TROND Bluetoothヘッドホン

機能性
コスパ
おすすめ度

上記AUSDOMのヘッドホンよりもワンランク上のものが欲しい方は、このTRONDのワイヤレスヘッドホンがおすすめです。

音質も悪くありませんし、バッテリーも30時間持つというタフさ。有線でも使えるとなると、AUSDOMの完全上位互換と言えるでしょう。

加えて、持ち運び用の専用ケースが付いてくるというのは嬉しいポイントですよね。ヘッドホンを持ち歩くにしても、ケースがないと傷がついてしまうこともしばしば。かゆいところに手が届く、かなりコスパの良いワイヤレスヘッドホンですよ

 

【1万円以上】aptX LL採用おすすめワイヤレスヘッドホン

次は、1万円以上のワイヤレスヘッドホンをご紹介していきます。ご紹介するモデルは、どれもストレスフリーで最高の音楽体験が得られるものばかり。ワイヤレスヘッドホンでも妥協したくない、という方はぜひぜひ参考にしてくださいね!

 

New Bee NB-10

機能性
コスパ
おすすめ度

音質良し、デザイン良し、コスパ良し。本格派の人にも胸を張っておすすめできるワイヤレスヘッドホンが、このNew Bee NB-10です。

すべての機能をご説明すると、このページでは全くもって足りないので、特徴的な機能を2つご紹介しておきます。

1つは、ヘッドホンシェア機能。通常、Bluetooth接続であれば、1つの音源に対して1つのヘッドホンですが、このNB-10は1つの音源に対し、2つまでヘッドホンで音楽を楽しむことが可能です。仕組みとしては、『音源 → ヘッドホンA → ヘッドホンB』のような形で、1つの音源と1つのヘッドホンを接続し、ヘッドホン同士でその音を共有するといったものです。使い方次第で、様々な楽しみ方が広がりますよ。

もう1つは、無線充電が可能なこと。NB-10には、専用のヘッドホンスタンドが付属するのですが、このスタンドに掛けておくだけで充電が可能となります。使わないときは充電しつつインテリアとして、使いたいときはサッと使える。他のヘッドホンにはない利便性を秘めたのが、このNB-10です。

 

Pendulumic TACH T1

機能性
コスパ
おすすめ度

今回ご紹介するヘッドホンの中では、間違いなく最高のデザインセンスを持ったワイヤレスヘッドホンです。

見た目だけでなく、機能的なデザイン性も完璧です。たった1つのダイアルで、音量の上げ下げ、音楽の再生/停止、前後の曲への送り出しを行うことができる、特徴的なダイアルコントロールは、かっこよさと利便性を両立することができています。

音質もBluetooth接続としては最高クラス。Amazonレビューでも非常に高評価を得られているようです。軽さやコンパクトさも特筆すべきポイントですね。長い時間使っていても、快適に使えるというのは、毎日使うものとして絶対に外せません。

TACH T1は上記のNB-10と同様、2台のヘッドホンで音源を共有することが可能です。充電がなくなった際も、アルカリ電池で利用できるようになっているなど、もしもの時にも安心して利用できる機能が満載ですよ。

 

オーディオテクニカ ATH-DWL770

created by Rinker
オーディオテクニカ(audio-technica)
¥23,088 (2019/07/23 10:51:40時点 Amazon調べ-詳細)
機能性
コスパ
おすすめ度

オーディオテクニカの高性能ワイヤレスヘッドホン。

音質は上記2つと同様、ワイヤレスヘッドホンとしては最高レベルのATH-DWL770ですが、一番の特徴は『ハイブリッドワイヤレス』であるというところ

Bluetoothとは別に、付属する専用の送受信機を使うことで、長距離の安定したワイヤレス接続を可能にしています。例えば、テレビの音は専用の送受信機、スマートフォンとはBluetooth接続といった形で、用途により最適な接続方式を選択することができます。

ご紹介するヘッドホンの中では一番価格が高いものとなっていますが、これらの機能を考えると頷けます。スマートフォンだけでなく、テレビや据え置きのオーディオプレイヤーでも使いたい、という方は、このATH-DWL770が最適ですよ。

最後に

以上が、aptX LL採用のおすすめワイヤレスイヤホン・ヘッドホン10選でした。

この記事を書くために、かなりの時間を使うことになり大変でしたが、その分、有益な情報満載の記事になったのではないかと思います。この記事が、ワイヤレスイヤホン・ワイヤレスヘッドホンを欲しがる方々の参考になれば幸いです。

ぜひ、あなたに合ったワイヤレスイヤホン、または、ワイヤレスヘッドホンを見つけてみてくださいね!今の生活をより豊かにすること間違いなしですよ!

なお、最初にも書きましたが、aptX対応の完全ワイヤレスイヤホンについては『【Androidで完全ワイヤレス】Androidユーザーが使うべきおすすめのaptX対応完全ワイヤレスイヤホン5選』という記事を書いていますので、そちらもぜひお読みくださいね。