ガジェット

【購入レビュー】手軽に料理が楽しめるクッカー3点セットを紹介してみる【初心者キャンパー必見】

【購入レビュー】手軽に料理が楽しめるクッカー3点セットを紹介してみる【初心者キャンパー必見】

キャンプといえばコーヒーでしょ!という安易な考えのもと、お湯を沸かすキャンプ用具が欲しくなった初心者キャンパーこと、筆者の私。今後簡単な料理をすることも考えて、購入したキャンプ道具が以下の3点です。

  • イワタニ ジュニアコンパクトバーナー
  • コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット
  • キャプテンスタッグ アルミ ローテーブル

実際にキャンプで使ってみると、その便利さは想像以上。メーカーもバラバラの3用品が、最初からセットであったかのような使い勝手の良さに、正直驚きました。もうこれはレビューを書くしかないなぁ…、と無駄な使命感を抱きつつこの記事を書いています。

小規模キャンプ用のクッカーが欲しい方はもちろんのこと、ちょっとした料理や湯沸かし用の道具が欲しい方も、ぜひ参考にしてくださいね。

 

イワタニ ジュニアコンパクトバーナーってこんなの

created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥3,341
(2019/11/11 16:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

はい、すごーくコンパクト。

めっちゃコンパクトめっちゃコンパクト

といっても、比較対象がないので分かりにくいですよね。ジュニアコンパクトバーナーは、収納状態で幅8cm×奥行7cm×高さ10cm。持ってみると分かりますが、本気で小さいです。

使う際には足部分と五徳(鍋を置く部分)を広げます。3本の足を広げると以下のような感じ。剛性の高い金属が使われていますので、しっかりとした安定感があります。

3本脚でしっかり自立3本脚でしっかり自立

4つの五徳を広げれば、準備はOK。バーナー感がぐっと高まりますね。鍋がズレないよう五徳部分には大き目のギザギザが付いています。これのおかげで、ちょっとした斜面でも安定した調理ができます。

ギザギザ五徳で安定性十分ギザギザ五徳で安定性十分

そしてこのジュニアコンパクトバーナー1番の特徴が、カセットガスを使うという点です。キャンプで使うガスといえば、丸みのあるガス缶『OD缶』をイメージすると思いますが、ジュニアコンパクトバーナーでは家庭用のカセットガス『CB缶』を使います。

カセットボンベでコスパ抜群カセットボンベでコスパ抜群

丸みのあるOD缶は寒い時期でも使えるガス缶でして、火力の強さも特徴の1つです。ただしその一方で、コストがかかるという欠点もあります。入手方法が限られてしまうことも、OD缶の欠点ですね。

その点CB缶であれば、コストが安くコンビニでも入手できる手軽さがあります。OD缶に比べれば出力は落ちますが、キャンプ場レベルであればCB缶でも問題ありません。実際に気温が約5度という環境で使いましたが、お湯がゴリゴリ沸騰しました。

ジュニアコンパクトバーナーは、使い方も非常に簡単。ガスのバルブを回したら、点火スイッチを押すだけ。ボッという音とともに、ゴウゴウと火が出始めます。消すときはガスのバルブを閉めるだけでOKです。

バルブを回してスイッチ一つで着火可能バルブを回してスイッチ一つで着火可能

ジュニアコンパクトバーナーを買うと、ハードケースが付属されてきます。緑色でざらざらとしたプラスチックケースです。

ハードケースも付属ハードケースも付属

ジュニアコンパクトバーナーを収納するとこんな感じ。折りたたんだ説明書と一緒に収納できます。本体もコンパクトですが、ハードケースに入れてもコンパクトです。

専用ケースでスッキリ収納専用ケースでスッキリ収納

 

コールマン パックアウェイ ソロクッカーセットってこんなの

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,801
(2019/11/11 16:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

お次はコールマンの パックアウェイソロクッカーセット。ソロクッカーセットという名前ですので、ソロキャンパー向けのクッカーになります。外側はハードアノダイズド加工がされているようで、簡単に傷つくことはありません

ハードアノダイズド加工で傷つきにくいハードアノダイズド加工で傷つきにくい

ソロクッカーセットという名前なだけあって、2つの鍋に分けることができます。浅い鍋では炒め物、深い鍋ではスープ物を作るといった使い分けも可能です。鍋の内側はノンスティック加工となっており、汚れや焦げが付きにくいのも嬉しいポイント。調理後の汚れもキッチンペーパーで拭けば、簡単にきれいになってくれますよ。

コーティング加工で汚れにくい内側 取っ手はシリコン加工で熱くなりにくいコーティング加工で汚れにくい内側 取っ手はシリコン加工で熱くなりにくい

深い鍋の方には、液体用のメモリが付いています。目視だともう少し分かりやすかったのですが、画像だとちょっと分かりにくくなっていますね。200ml~800mlまでを200ml刻みで確認できます。

800mlまで測れるメモリ付き800mlまで測れるメモリ付き

深い鍋の底部分には、細かな溝が付いています。この溝がバーナーの五徳に引っかかり、鍋がズレるのを防いでくれます。

細かな溝で滑りにくい細かな溝で滑りにくい

バーナーの上に置くとこんな感じ。ジュニアコンパクトバーナーの五徳からもはみ出ることなく、ちょうどよい場所に収まっています。五徳とクッカーの滑り止めにより、安定感は抜群です。

ジュニアコンパクトバーナーと相性抜群ジュニアコンパクトバーナーと相性抜群

しかもパックアウェイソロクッカーセットは、ジュニアコンパクトバーナーのハードカバーがすっぽり収まる寸法です。深い鍋の方に入れて、浅い鍋で蓋をしたら…

ハードケースがぴったり入るハードケースがぴったり入る

パックアウェイソロクッカーセット付属のメッシュケースに完全収納。収まるところに収まった感が凄いですね。ジュニアコンパクトバーナーとパックアウェイソロクッカーセット、本当に良いコンビです。

専用メッシュケースで快適収納専用メッシュケースで快適収納

 

キャプテンスタッグ アルミ ローテーブルってこんなの

バーナーとクッカーがあっても、土台が無くては料理できません。調理用の土台としても、ちょっとした小物を置くにも使えるのが、キャプテンスタッグのアルミローテーブル

専用ケースでコンパクトに収納できる専用ケースでコンパクトに収納できる

収納袋から出すと、降り畳んだ状態になっています。ただしストッパーなどはないため、手を離すと勝手に広がります。普段は収納袋に入れてるため個人的には気になりませんが、100円均一などでゴムバンドを用意すると良いかもしれませんね。

片手で楽々持てるほどのサイズ片手で楽々持てるほどのサイズ

テーブルを広げて裏返すと以下のような感じです。5枚の細長いアルミ板が2本のゴムでまとめられています。外側のアルミ板2枚には、テーブルの脚が格納されています。

裏面には4つの脚が折りたたまれている裏面には4つの脚が折りたたまれている

脚を広げるには、固定しているバーをぐるっと回転させて…

固定用のバーをぐるっと回せば固定用のバーをぐるっと回せば

対面の脚についた突起に引っかけます。これにより5つのアルミ板が固定され、グラつかないようになります。そしてこのまま4本の脚を起こしていくと…

4つの脚をしっかり固定4つの脚をしっかり固定

4つ脚広げてひっくり返った亀状態。

脚をグイっと立てて脚をグイっと立てて

後はそのまま表面にすれば完成です。構造はシンプルですが、耐荷重30kgと強度は十分。調理用としても使えますし、小物を置くのにも重宝します。iPadなどを置いて、映画鑑賞をするのもアリですね。

ひっくり返せば耐荷重30kgのテーブルが完成ひっくり返せば耐荷重30kgのテーブルが完成

 

そして完璧に調和した

上記3点を1つにまとめてみると、以下画像のようになります。いやまさに、完璧な調和。最初からセットであったかのような安心感があります。この3つをそろえただけでも、キャンパー感があっていいですね。使い勝手も良いですし、初心者キャンパーにはぜひ持っておいて欲しい調理器具3点セットです。

初心者キャンパーにはぴったりの3点セット初心者キャンパーにはぴったりの3点セット
created by Rinker
Iwatani(イワタニ)
¥3,341
(2019/11/11 16:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥3,801
(2019/11/11 16:33:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後に

以上が、手軽に料理が楽しめるクッカー3点セットを紹介してみるでした。

カップラーメン、コーヒー、紅茶。スープパスタにチーズリゾット。今回紹介した3つがあれば、キャンプの幅が広がること間違いなし。3つ合わせて9,000円以下と、抜群のコストパフォーマンスも嬉しいところです。

欠点とすれば、キャンプ欲が異常に高まってしまうことですかね。『今度はあれを作ってみよう。これも作ってみようかな。』なんて思いながら、そわそわと休日を待つことになります。さて、週末のキャンプは何を作ってみようかなぁ…