ガジェット

【何が違うの?】パナソニック食器洗い乾燥器の違いを徹底比較してみた【用途で選べる】

【何が違うの?】パナソニック食器洗い乾燥器の違いを徹底比較してみた【用途で選べる】
パナソニックの食器洗い乾燥機って色々あるけど、何が違うんだろう。私に合ったものはどれなのかな。

 

毎日の食器洗いを一気に楽にしてくれる食器洗い乾燥機。共働きの方や、家事に時間を取りたくない方は、ぜひ持っておきたい家電ですよね。

しかし、いざ買おうと思って調べてみると、種類がたくさんあってよくわかりません。『パナソニックの食器洗い乾燥機が良いということは、何となくわかるけど、どれが自分に合っているのか…』

そこでこの記事では、価格.comでも上位のパナソニック製食器洗い乾燥機4種類を徹底的に比較していきます。この記事を読めば、あなたにあった食器洗い乾燥機がどれなのかわかるはず。ぜひこの記事で、あなたの家事を楽にするお手伝いをさせてくださいね!

 

パナソニック食器洗い乾燥器の違いを徹底比較してみた

それではさっそく比較をしていきます。今回比較する機種は、以下の4つとなります

製品名 価格(記事執筆時点)
NP-TZ100 79,499円
NP-TH2 65,933円
NP-TA2 62,000円
NP-TCM4 34,890円

 

これら4機種を性能で比較すると以下のようになります。この記事では、性能の高いNP-TZ100から性能順で比較しくこととします。

 

パナソニック食器洗い乾燥機性能比較パナソニック食器洗い乾燥機性能比較

 

それでは、比較対象4機種を細かく比較していきます。『この食洗器のポイント!』として、選ぶ際のポイントも書いていきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

機能全部入り!一番快適な食器洗い乾燥機NP-TZ100

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥65,200 (2019/05/24 20:10:13時点 Amazon調べ-詳細)
この食洗器のポイント!

  • 洗浄レベルが5段階と細かく調整可能
  • 高温除菌・ナノイーX送風でニオイ発生とはおさらば
  • 自動ドア・タッチパネルがついて超快適

NP-TZ100性能表
大きさ(奥行×横幅×高さ) 34.4×55×59.8(cm)
1回に洗える食器数 40
1回に使う水の量 11L
洗浄レベル 最高(5段階洗浄+高温除菌機能)
便利機能 低温ソフト洗浄, エコナビ, 予約機能
お手入れの楽さ 最高(自動お手入れ+ナノイーX)
使うときの楽さ 最高(自動ドア+タッチパネル)

 

今回の比較対象4機種の中で、もっとも高機能な食器洗い乾燥機NP-TZ100。基本的な性能はもちろんのこと、食器洗い乾燥機の操作をより快適にする工夫がたくさんです。

洗浄レベルは1~5までの5段階と、汚れにの度合いに合わせて細かく洗い方を変えられます。パナソニック食器洗い乾燥機の標準的な洗浄レベルは3段階。それより2段階も多いNP-TZ100は、無駄な時間や水を使う必要がありません

その他、高温除菌に対応していますので、食器を今以上に清潔に使うことができますし、低温ソフト洗浄に対応しているため、熱に弱いプラスチック製食器もOK。

加えて、比較対象の4機種の中で唯一、ナノイーX送風に対応していることも大きな特徴です。ナノイーX送風は、食器洗い乾燥機内のニオイを抑制するとともに、除菌も行ってくれる頼もしい存在。

ナノイーX送風があれば、洗浄後に食器洗い乾燥機内に入れたままでも、食器を清潔に保管することが可能となります

このように便利機能満載のNP-TZ100は、食器洗いの常識を変えてくれる最高の家庭用食器洗い乾燥機です。金額はそこそこしてしまいますが、それ以上のリターンがあるはずですよ。

 

除菌とエコが大事な人はこの食器洗い乾燥機がおすすめ!NP-TH2

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥58,979 (2019/05/24 20:10:14時点 Amazon調べ-詳細)
この食洗器のポイント!

  • 洗浄レベルは3段階だがスピーディ洗浄が可能
  • 自動ドアやタッチパネル、ナノイーXがない以外はNP-TZ100とほぼ同じ性能。
  • 価格と性能のバランスが一番取れているおすすめの食器洗い乾燥機

NP-TH2性能表
大きさ(奥行×横幅×高さ) 30.1×55×59.8(cm)
1回に洗える食器数 40
1回に使う水の量 11L
洗浄レベル 高い(3段階洗浄+高温除菌機能)
便利機能 低温ソフト洗浄, エコナビ, 予約機能
お手入れの楽さ 高い(自動お手入れ)
使うときの楽さ 普通

 

価格.comで一番人気なのがこのNP-TH2。その理由は、普段使いに十分の性能と、必要な便利機能がしっかり詰まっているからです。

洗浄レベルは3段階。NP-TZ100には劣りますが、その分スピーディ洗浄が可能で、食器洗いを短時間で済ませることが可能です。高温除菌機能や低温ソフト機能がついているので、様々なタイプの食器をきれいに洗うことができます。

加えて、NP-TZ100と同様にエコナビがついているので、電力量と運転時間を減らすことが可能。お手入れも非常に簡単。ナノイーXはついていませんが、自動お手入れ機能があるため、日々のお手入れはほぼ必要ありません

自動ドヤやタッチパネルこそ付いていませんが、それ以外であればほぼNP-TZ100と同等レベルの機能を持つNP-TH2。食器洗い乾燥機にしては価格もお手頃ですし、一番おすすめの食器洗い乾燥機がこのNP-TH2ですよ

 

普段使いには十分な食器洗い乾燥機!NP-TA2

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥53,600 (2019/05/24 20:10:14時点 Amazon調べ-詳細)
この食洗器のポイント!

  • NP-TH2からいくつか機能を削った廉価版
  • NP-TH2より若干価格が安くなっている

NP-TA2性能表
大きさ(奥行×横幅×高さ) 30.1×55×59.8(cm)
1回に洗える食器数 40
1回に使う水の量 11L
洗浄レベル 普通(3段階洗浄)
便利機能 予約機能
お手入れの楽さ 高い(自動お手入れ)
使うときの楽さ 普通

 

NP-TA2は、NP-TH2からいくつかの機能を減らしたモデル。減らした主な機能は、『高温除菌機能』『エコナビ』『低温ソフト洗浄』の3つです。

高温除菌機能がないNP-TA2は、ここまで説明した2機種と比べて除菌能力が劣ります。また、高温除菌機能は最後のすすぎを80℃の高温にする機能。そのためNP-TA2は、洗い上がりや乾燥効果が他の2機種と比べ低下しています

エコナビは消費電力を5%削減し、運転時間を4分ほど短縮してくれる機能。確かにあるほうが良いですが、食器洗い乾燥機を導入するだけで、使用水量は11Lと非常に少なくなるため、この時点で大きなエコ効果が得られます。ちなみに、手洗いだと1回に75L使うと言われています。

加えて、NP-TA2は低温ソフト洗いもありませんので、プラスチック製食器を洗うことも難しくなります。プラスチック製のコップやお弁当箱を洗う必要がある場合、NP-TA2はあまり適していません。

NP-TH2からいくつか機能を削って作られた、NP-TA2。そこそこ重要な機能を削りつつ、価格は3,000円ほどしか安くなっていませんので、正直、あまりおすすめできません。こちらを選ぶのであれば、1つ上に書いたNP-TH2のほうが良いと思います。

 

必要最低限でもいいならこの食器洗い乾燥機!NP-TCM4

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥34,890 (2019/05/24 20:10:15時点 Amazon調べ-詳細)
この食洗器のポイント!

  • 必要最低限の機能まで削り、価格を大きく抑えている
  • 洗う食器が少ない方におすすめ
  • お手入れが他の3機種に比べ少し面倒

NP-TCM4性能表
大きさ(奥行×横幅×高さ) 30×47×46(cm)
1回に洗える食器数 18
1回に使う水の量 9L
洗浄レベル 低い(1段階洗浄+ノズル数少ない)
便利機能 なし
お手入れの楽さ 最低(自動洗浄なし)
使うときの楽さ 普通

 

『あまり食器を使わないし、必要最低限の機能だけでOK』と言う方にぴったりなのが、このNP-TCM4です。

ここまでの3機種と比べて、大きく機能を削りつつ価格を大幅に抑えたNP-TCM4。大きな違いは『1度に洗える食器量』『洗浄レベル』『お手入れの楽さ』の3つです。

まず1度に洗える食器量ですが、今までの3機種が40だったのに対して、NP-TCM4は18と大幅に減っています。加えて、食器かごの大きさも小さく数も1つで、まな板や包丁の置き場がありません。少量の食器と小物のみを洗うために特化した作りになっています。

洗浄レベルも1段階と、他と比べ制限されています。水が出てくる洗浄ノズルも、他3機種が4つのところNP-TCM4は2つに半減。ただし、洗える食器量を守れば洗い残しが出るというわけではないのでご安心くださいね

一番大きく違うのは、お手入れの楽さです。他は自動お手入れ機能がありますが、NP-TCM4に自動お手入れ機能はありません。そのため、日々のお手入れが必要となり、他よりも手間がかかることとなります。お手入れといった手間を減らしたい方には、正直おすすめできませんね

このように機能を大幅に削っているため、他3機種と比べると見劣りしてしまうNP-TCM4。しかし、強みはやはり価格の安さ。他3機種よりも30,000円も安いというのは大きな魅力です。

『可能な限り価格を押さえつつ、使える食器洗い乾燥機が欲しい!』という方には、このNP-TCM4が一番良い選択肢だと思いますよ。

 

パナソニック食器洗い乾燥機機能比較表

最後に、今回比較した4機種の比較表を書いておきます。スマートフォン表示ですと、少し見にくいかもしれませんがご容赦ください。

なお、製品名をクリックするとAmazonのページに飛びますので、そちらも参考にしてくださいね

製品名 NP-TZ100np-tz100サムネイル NP-TH2np-th2サムネイル NP-TA2np-ta2サムネイル NP-TCM4np-tcm4サムネイル
大きさ 34.4×55×59.8 30.1×55×59.8 30.1×55×59.8 30×47×46
食器数 40 40 40 18
水の量 11L 11L 11L 9L
洗浄レベル 5段階 3段階 3段階 1段階
高温除菌 × ×
低温ソフト × ×
エコナビ × ×
洗浄予約 ×
自動手入 ×
ナノイーX × × ×
自動ドア × × ×
タッチパネル × × ×

 

最後に

以上が、パナソニック食器洗い乾燥器の違いを徹底比較してみたでした。

日々の家事を楽にしてくれる食器洗い洗浄機。しかし、あなたの生活に合ったものを選ばないと、その快適さは半減してしまいます。

毎日の食器洗いから解放される日々。食器洗い洗浄機で、今以上に快適な生活を送ってみてくださいね!