ゲーム

【スマホゲームに飽きたなら】画面がいちいち面白い本格経営シミュレーション社長の野望レビュー

【スマホゲームに飽きたなら】画面がいちいち面白い本格経営シミュレーション社長の野望レビュー
普通のスマホゲームに飽きた人
普通のスマホゲームに飽きた人
最近スマホゲームに飽きてきたな。ちょっと変わったスマホゲームがやりたいけど、何かいいものないかなぁ。

 

そんなあなたに『社長の野望』。これ、かなりぶっ飛んだスマホゲームです。

2019年1月にリリースされた社長の野望は、本格経営シミュレーションの名を語った、ぶっ飛び恋愛会話推測経営シミュレーションゲーム。正直、意味が分からないと思いますが、本当にこの言葉通りのゲームです。

今回は、この社長の野望にしかない、他のスマホゲームとは違った魅力を伝えていこうと思います。ぶっ飛び恋愛会話推測経営シミュレーションゲーム『社長の野望』。スマホゲームに飽きた方には、ぜひ遊んでみて欲しいゲームです。

 

社長の野望
開発:OASIS GAMES LIMITED

 

画面がいちいち面白い本格経営シミュレーション社長の野望レビュー

それではさっそく、社長の野望をレビューしていきます。『画面がいちいち面白い』と書いている通り、本当に面白い画面が満載なので、そのあたりを余すところなくお伝えしていきますね。

 

トップクラスの美麗イラスト

社長の野望を始めると、最初に出てくる画面がこちら。

社長の野望オープニング画面社長の野望オープニング画面

 

見ての通り、絵はきれいめです。が、キャラクターにケモノ耳がついていたりと何かがおかしい。ちょっと不安を感じつつ、ゲーム開始をタップするとキャラクター作成画面に入ります。

作成と書かれながらも、用意されたキャラクターから選択する方式のようです。名前は『さぼてん』と入力しダンディなおじさんキャラクターを選ぶことにしました。

ダンディーな社長に決定ダンディーな社長に決定

 

ゲームが開始しました。やはり絵は素晴らしいの一言。最近のスマホゲームではトップクラスですね。ナレーションの『俺の名はさぼてん』がいい味出してます。

背景イラストは非常に美麗背景イラストは非常に美麗

 

場面が変わり、こちらも非常にきれいな絵。

夕方の背景も良い感じ『年寄りのように』って何?

 

夕方の街並みがきれいに描かれているなーと、思いながら見ていると小さい主人公があらわれました

背景の大きさの割に小さい主人公背景の大きさの割に小さい主人公

 

背景とのバランスがおかしいのか、異常に小さく見える主人公。ムキムキの腕の割には肩幅が狭いです。毎日アームカールだけしているのかなぁ

と、主人公と背景のバランスに突っ込んでいると、唐突に表れるのが恋人千尋

恋人千尋登場恋人千尋登場

 

見ての通り、主人公と同じ側に出てきました。つまり、今こんな感じで会話していることでしょう。

至近距離会話至近距離会話

 

で、ここで気になる部分はもう一つ。テキストです。『【決心したように顔を上げ】』と、テキスト内に行動が書かれるパターンは斬新ですね。

美麗な一枚絵を仕上げるため極力枚数を減らそうと努力した結果、テキスト内で行動を表現するという荒業に出たのでしょうか。

なんて思っていたら、今度は左に瞬間移動する千尋。相当な訓練を受けているようです。

千尋瞬歩千尋瞬歩

 

『【ちょっと驚きの疑いの表情が出ましたが、すぐに笑いそうな顔をしました】』

話の内容が入ってこないのですが、おそらく主人公は千尋に振られてしまった様子。その悔しさを胸に、会社経営を頑張るという流れのようです。

いくつか表示される背景も、やはり美麗。イラストは本当にトップクラスのスマホゲームになっています。

背景の美麗さはまさにトップクラス背景の美麗さはまさにトップクラス

 

オープニングから色々とつっこみどころ満載の社長の野望です。しかし、この後も社長の野望の猛攻は止まりません。

 

ついに始まるはちゃめちゃ会社経営が無駄に面白い

オープニングが終わると、社長の野望のメイン画面が登場します。

社長の野望メイン画面社長の野望メイン画面

 

少しごちゃごちゃ気味ですが、特に気になるのが女性の多さ。愛人と秘書に囲まれた会社経営のはじまりはじまり。パソコンからも話しかけられるという近未来的表現がそそります。

愛人と秘書とAIに囲まれる社長生活愛人と秘書とAIに囲まれる社長生活

 

チュートリアルが開始し、秘書からゲームの説明が行われます。それにしてもこの秘書、いつでもパーティードレスなのはさすがですね。

外でも構わずパーティドレス秘書外でも構わずパーティドレス秘書

 

話によると、ゲーム開始当初でもう会社の危機から脱しているようです。目標が会社の規模の拡張といった、ちょっとふわっとした内容。

会社の規模拡張のためには、有能な部下が必要とのことで、秘書が連れてきた5人の精鋭たちが自己紹介を始めます。

精鋭たちの自己紹介①精鋭たちの自己紹介①

 

『この世界では、強い人間は無数にいるが、俺より下の人間も無数にいるぜ。』

何が言いたいのかよくわからない自己紹介をしてくる精鋭たち。それでもやはりイラストは美麗です。

精鋭たちの自己紹介②精鋭たちの自己紹介②

 

『俺は天才だが、運が悪いだけなんだ。』

運の悪い精鋭も出てきました。初めて会う人間がいきなりこんな自己紹介をしてきたら、一生忘れないことでしょう。

精鋭たちの自己紹介が終わると、場面が変わりいきなり昇級の話を持ち出してくる秘書

秘書から昇級の提案秘書から昇級の提案

 

さっき会ったばかりの精鋭たちの誰を昇級させようか、と思いながら画面をタップすると、

秘書『私を昇級させろ』秘書『私を昇級させろ』

 

秘書しか選べませんでした。『こんなに素晴らしい精鋭たちを5人も呼んできたんだから、私を昇級させろ』という強い意志を感じます。

ついに会社経営の準備が整いました。ここから社長の野望は、経営パートに入っていくようです。

 

会社経営シミュレーションでクエストができる

昇級への感謝も述べることなく、次の段階に進もうとする美人秘書。会社経営シミュレーションと言いながら【クエスト】しろと言っています。

会社経営にクエストを持ち出す秘書会社経営にクエストという概念を持ち出す秘書

 

クエスト開始。最初のクエストは【1. 借金地獄】。クエスト説明文の『強い手段を利用する!』が、ゲームへの没入感を高めてくれますね

クエスト【借金地獄】開始クエスト【借金地獄】開始

 

クエストを始めると、突然の会議室があらわれました。絵は会議室ですが、一番上には【1.フロント】と書いてあるので、変わった雰囲気の会社のようです

フロントと言う名の会議室フロントという名の会議室

 

奥の女性はドライバー。つまり、フロントまで送迎してくれたドライバー相手に勝負を吹っ掛けようとしています

よく見てみると、このドライバー女。上半身だけで天井に頭をぶつけそうな見た目をしています。オープニングもそうでしたが、やはり少し背景とキャラクターのバランスに難がありますね。

巨人ドライバー女巨人ドライバー女

 

といった感じで、巨人の女性につっこみを入れていたら、突然画面上でも肉体的つっこみを入れ始めました。精鋭のインテリメガネは、思った以上に肉体派のようです。

物理攻撃で交渉するメガネ物理攻撃で交渉するメガネ

 

そのまま見守っていると、【交渉成立】の文字が出ました。広報の評価も【安定】と出ているので、いい結果なのでしょう。知らんけど。

交渉が成功しました交渉が成功しました

 

と、こんな感じでクエストを進めつつ、会社経営を行っていく社長の野望。ここまで振り切れていると、『次は何が起こるんだ…?』『次はどんな展開が…?』と気になること間違いなしです。

ここまで気になるところを中心に話を進めていましたが、ゲームとしては意外とちゃんとしていて、経営シミュレーションとしてしっかり楽しめますネタ的要素とゲーム要素がちょうどよく絡み合って、他のゲームにはない面白さを醸し出しているようですね。

 

『愛人とフリーデートすると子供が生まれる場合があります』というパワーワード

ここまで色々とつっこみつつ、社長の野望の魅力を余すところなく伝えてきましたが、最大の魅力はやはり『愛人』。社長の野望は『社長と言えば愛人でしょ』いった感じで、愛人がオブジェクトのように常設されています。

社長の野望メイン画面を横にずらいしていくと、あからさまに違和感のあるメニューが出てきます。その名も『子供』

メニュー【子供】は見たことないメニュー【子供】は見たことない

 

この『子供』メニューをタップすると、こんな文章が出てきます。『愛人とフリーデートすると子供が生まれる場合があります』

子供の授かり方説明子供の授かり方説明

 

愛人とフリーデートの時点で、色々とムフフな感じが出てきますが、加えて子供まで出てくるとなると、そのムフフ感は確固たるものとなりますね。

『まぁ、でもそんな簡単には…』と思いつつ、愛人とフリーデートを終わらせたところ、

子供ができましたで き ま し た

 

誕生しました、お嬢さん。資質は『萌え』。【本当にすぐ確認しますか?】というメニュー文が、なかなかのサイコパス感を醸し出していますね。

このように、問題だらけの社長ライフが楽しめる社長の野望最近のスマホゲームに飽きた方、最近のスマホゲームに疲れた方には、ぴったりの刺激満点不思議ゲームです。

ネタとしても盛り上がれると思うので、ぜひ一度遊んでみてくださいね。怖いもの見たさでも楽しめますよ。

 

最後に

以上が、画面がいちいち面白い本格経営シミュレーション社長の野望レビューでした。

本文中にも書きましたが、ゲームとしては普通に面白いので、不思議画面とのギャップに困るところです。知らない間に時間が経ってしまっているのも、社長の野望の凄いところなのかもしれません。

このレビューを見て少しでも気になった方は、一度遊んでみてくださいね。深淵を覗く勇気があれば、下のリンクからぜひ。

 

社長の野望
開発:OASIS GAMES LIMITED