ガジェット

【睡眠編】超効率よく生活するための家電・グッズまとめ【時短革命】

【睡眠編】超効率よく生活するための家電・グッズまとめ【時短革命】
もっと効率よく生活したいひと
もっと効率よく生活したいひと
家事とか朝の準備とか、毎日同じようなことを繰り返しているけど、もっと効率よくできないものかなぁ。毎日の睡眠をもっと効果的にする方法はないのかなぁ。

1日のうち1/3の時間を費やす、欠かせない行動『睡眠』。もっと趣味や勉強の時間を増やしたいけれど、睡眠を減らすと次の日に響いてしまいます。朝に弱い人なら尚更のこと。睡眠時間を多く取っても、すっきり起きられない方も多いはずです。

かくいう私もその一人でして、朝にめっぽう弱い私は、睡眠がもはや諸刃の剣。寝ないと体は元気にならない。でも寝ると起きられないし、具合も悪くなる。夜型というのも相まって、睡眠に対する苦手意識は強いです。

そんな背景もあって、今回調べてみたのが睡眠用家電や睡眠用グッズの数々。その中でも私が『これ、使えそう!』と思ったものを、厳選してまとめてみました。朝に弱い方も、効率の良い睡眠で、睡眠時間を減らしたいと思っている方も、ぜひぜひ参考にしていってくださいね。

 

睡眠用家電・グッズにはどんなのがあるの?

睡眠用家電やグッズには様々なものがあり、分け方もその場合によって様々です。ですがこの記事では、『快適な眠りをサポートするもの』『自分の眠りの特徴を知るもの』の2つに分けて解説していきます。

 

快適な眠りをサポートする家電・グッズ

寝入りから眠っている間、そして寝起きまで。睡眠を効率よく快適にするための家電やグッズです。例えば、睡眠サポートスピーカーなどがそれです。

これらの家電・グッズは、どれも睡眠自体に何かしらの作用をするものですので、かなり即効性があります。しかしその一方で、根本的な解決にならないこともまた事実です。

というのも、睡眠にはリズムがありまして、自分に適したリズムというのは一人ひとり違います。長めの深い睡眠と短めの浅い睡眠を繰り返す人もいれば、短めの深い睡眠と長めの浅い睡眠を繰り返す人がいるなど、睡眠も十人十色。自分に合った睡眠スタイルが分からなければ、本当に効率の良い睡眠をとることはできません。

ですから根本的解決には、自分の睡眠の特徴を知ることが重要です。次の項目からは、自分の睡眠を知るための家電やグッズについて、解説していきますね。

 

自分の眠りの特徴を知る家電・グッズ

先ほど書いた通り、自分の睡眠のリズムを知ることが、快適な睡眠の重要ポイントです。では、どういった家電やグッズがそれにあたるのか。その答えが、睡眠状態を記録できる家電やグッズになります。

睡眠状態を記録できる家電やグッズにも、実は色々な種類があります。例を挙げると、体の下に敷いて睡眠状態を記録するものや、腕時計のように身に着けながら記録するものなどです。

このように様々な種類があるのはなぜかと言いますと、各家電・グッズに得意分野があるからです。これら特徴については、その製品によってまちまちですので、あなたが快適な睡眠のために何をプラスアルファしたいのかをぜひ考えてみてくださいね。

 

睡眠編 超効率よく生活するための家電・グッズまとめ

ここからは効率的な睡眠を行うための家電やグッズを紹介していきます。先ほど解説したように、『快適な眠りをサポートするもの』『自分の眠りの特徴を知る』の2種類に分けて紹介していきますね。

 

快適な眠りをサポートする家電・グッズまとめ

cheero 睡眠サポート多機能スピーカー Sleepion3

created by Rinker
チーロ(cheero)
¥10,780
(2019/11/12 04:23:10時点 Amazon調べ-詳細)

モバイルバッテリーで有名なcheeroが作った、快眠サポートツールです。音・香り・光の3要素によって、快適な睡眠空間を作り出します

オリジナルのアロマシートから発せられる香りと、ローソクのように揺らぐ光。その中で聞こえる、リラックス効果抜群の心地よい音楽。Sleepion3を使えば、あなたの寝室がおしゃれなエステサロンに早変わりです。

寝具を変えるのもなかなかお金がかかるし、ちょっと大変かなぁ…という方にはぴったりの快眠サポートグッズSleepion3。快眠への第一歩には最適ですよ。

 

ロビット カーテン自動開閉器 mornin+

快適な睡眠には、快適な寝起きが大事です。爆音アラームの大きな音で無理やり起きても、心地よい寝起きにはなりません。では何が一番効果的なのか。それは日光により自然に目が覚めることです。

日光による快眠効果は科学的にも証明されています。日光は人が眠っているときに出す睡眠ホルモンの分泌を抑え、起きるモードにしてくれるとのこと。朝に感じるだるさはこの睡眠ホルモンが原因であり、だるさを取るには日光が効果的なのだそうです。

mornin+は、日光による快適な寝起きをサポートするグッズ。設定した時間になると、自動的にカーテンを開けて室内に日光を取り入れます。設置もカーテンレールに差し込むだけと、超簡単。朝だけでなく、夜にも自動でカーテンを閉めてくれますので、そういった便利さもmornin+の魅力です。

快眠のためには、アラームだけに頼るのではなく、日の光に頼ることも重要です。日光で毎日の寝起きを心地よく。mornin+おすすめです。

 

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエ

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥11,953
(2019/11/12 04:23:11時点 Amazon調べ-詳細)

毎日使える布団乾燥機として、人気のカラリエ。布団に入るのが楽しみになってしまうほどの心地よさを、手軽に用意できる優れものです。

実は私もこのカラリエを持っているのですが、布団乾燥が本当に楽。それもそのはず、カラリエから伸びる2本のホースを、布団の中に入れるだけ。いやもう、ここまで楽だと拍子抜けしちゃいます。

冬場はもちろんのこと、夏用モード搭載のカラリエは夏場でも問題なく使えます。年中使えるカラリエで、心地よい睡眠環境を作り上げてみるのもアリですよ。

 

シャープ 蚊取機能付き空気清浄機

夏から秋にかけて、睡眠を大いに邪魔してくれる存在、蚊。これを撃退しつつ、空気まで清浄してくれるのが、シャープの蚊取機能付き空気清浄機です。

薬剤を使わずに蚊を取る秘密は、3ステップの蚊取機能にあります。まず1ステップ目で、本体側面に開いた小窓から、UVライトの光を出して蚊を誘い出します。蚊は暗がりに隠れたがる性質と紫外線に集まる性質があるので、それを逆手に取った仕組みです。

2ステップ目で、誘い出された蚊を吸い込みます。空気清浄機は元々空気を吸い込んで清浄下のち吐き出すものですから、吸い込むならお手のもの。そして3ステップ目で、内部に設置された蚊取シートで捕獲するようになっています。

なお、この空気清浄機は、蚊だけではなくコバエもにも効果ありとのこと。夏から秋にかけての快眠に、ひと役買ってくれそうですよ。

 

自分の眠りの特徴を知る家電・グッズまとめ

タニタ 睡眠計 スリープスキャン

健康グッズで有名なタニタから、睡眠を測定する家電が発売されています。その名もスリープスキャン。寝具の下に引いて寝るだけで、睡眠の状態を高精度で測定することができます

測定した結果は、日々データとして蓄積されます。データは専用ソフトの『からだカルテ』で確認でき、これによってあなた個人の睡眠について詳しく知ることが可能です。

睡眠を自動的に分析して、点数化してくれるのも面白い機能の一つです。確かにお値段は高いですが、今後の生活をより良くするためにも、一度睡眠について本気で向き合ってみても良いかもしれませんね。

 

Withings スマート睡眠パッド Sleep

こちらはフランス生まれの睡眠測定器具です。こちらもタニタのスリープスキャンと同様、寝具の下に敷いて使います。使い方は簡単で、専用のスマートフォンアプリを使って、説明通りに設定するだけ。あとはいつも通りに寝ればOKです。

Sleepでは、睡眠の深さやサイクル、心拍数、いびきを検出して記録します。それら記録を分析して、寝るまでの時間や呼吸の乱れなどなど、あなたの睡眠について詳しく知ることができますよ。睡眠を点数化してくれるのもタニタのスリープスキャンと同様、嬉しいポイントの1つです。

タニタのスリープスキャンと大きく違うところが1つありまして、SleepはIFTTTに対応しています。こちらはちょっと知識が必要ですが、IFTTTを使うことで、家中のIoT家電やウェブサービスと連携できます。使い方次第では、布団に入ったら寝室の電気を消す、ということもできますよ。

価格もタニタのスリープスキャンと比べ、1/3程度とコスパは高いです。睡眠を記録したい方も、IFTTTに連携してアレコレしたい方にもおすすめですね。

 

Fitbit リストバンド式活動量計 フィットネストラッカー Charge3

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥16,700
(2019/11/12 04:23:13時点 Amazon調べ-詳細)

睡眠だけでなく、日々の活動をすべて記録してくれる腕時計型の活動計です。睡眠の浅さや深さといったリズムはもちろんのこと、心拍数なども記録してくれます。

Charge3の素晴らしいところは、睡眠だけにとどまらないポテンシャルの高さ。ランニングやフィットネスの状態も記録できますし、防水仕様のため水泳にも使えます。ガイドによる深呼吸トレーニングもできますので、落ち着く時間を作るのにもぴったりです。

上記2つの機器と比べ、手首に巻くだけという簡単さも利点の1つです。ただし手首が少し蒸れやすくなるという欠点もあります。とは言え、その欠点を上回るほどの、利便性と機能性がCharge3にはありますよ。

睡眠だけでなく、日々の活動を記録してくれるCharge3。あなたの健康づくりに大いに貢献してくれること、間違いなしですよ

 

最後に

以上が、睡眠編超効率よく生活するための家電・グッズまとめでした。

やはり効率のよい睡眠に重要なのは、寝方と起き方です。自分の睡眠がどんなリズムなのかを知りつつ、リラックスできる環境を作り上げる。そして起きるときは、日光や起きやすいリズムを活用してスッキリ起きる。これらを心がけることで、効率の良い睡眠ができるようになるはずです

ぜひあなたの睡眠も、今以上に効率の良いものにしてみてはどうでしょうか。今まで睡眠に使っていた時間を趣味や勉強に活用したり、はたまた、同じ睡眠時間でスッキリ起きる朝を迎えてみたり。今があなたの睡眠を変える、チャンスなのかもしれませんよ。