ライフハック

【YouTuber必見】YouTube Premiumでどう変わる?YouTube広告収入の仕組みを徹底解説

【YouTuber必見】YouTube Premiumでどう変わる?YouTube広告収入の仕組みを徹底解説
YouTubeで稼ぎたい人
YouTubeで稼ぎたい人
YouTube Premiumが始まったけど、広告収入は入るのかな?YouTube Premiumではどんな仕組みで収入になるのかな。

こんな悩みに答えます。

今も躍進を続けるYouTube。一流有名ブロガーもYouTubeを始める方が続々と出てきており、その重要性は増してきています。

そんなYouTubeで始まったのが『広告なし』『オフライン再生』『バックグラウンド再生』を謳う有料サービスYouTube Premium。有料とは言え、広告なしで見られるのは非常に便利なサービスですよね。

ですが、ちょっと気になることが一つ。

 

YouTube Premiumでは、収入が発生するのか?

 

そもそも広告が出ないYouTube Premium。その場合、動画主には収入が発生するのでしょうか。また、発生するのであれば、どのような仕組みで発生するのでしょうか。

そこでこの記事では、YouTube Premiumにおける収入周りについて解説していきます。詳しくは本文中でもお話していきますが、簡潔にまとめると以下のようになります。

  • YouTube Premiumでも収入を得られる。
  • YouTube Premiumの収入額は再生時間に基づいて分配される。
  • オフライン再生、バックグラウンド再生時においても再生時間に応じて収入を得られる。

 

それでは、YouTubeの広告収入の仕組みと、YouTube Premiumについて解説してい行きますね。

 

YouTubeの収入の仕組み

通常のYouTube収入の仕組みについておさらいしておきましょう。

YouTubeでの収入はすべて広告収入となりますが、広告を出すためには審査に合格する必要があります。ですからまずは、広告を出すための審査について簡単にご説明していきますね。

 

YouTubeパートナー・プログラム審査

YouTubeで広告を出すには、YouTubeパートナー・プログラム審査に合格する必要があります。YouTubeパートナー・プログラム審査に申し込むためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 過去12ヵ月間の総再生時間が4,000時間以上
  2. チャンネル登録者数が1,000人以上

意外と厳しい基準ですが、これが前提条件になります。申し込み後は『YouTube パートナー プログラムのポリシー』『YouTube 利用規約』『YouTube のスパムポリシー』『YouTube のコミュニティ ガイドライン』を順守しているかを確認され、問題なければYouTubeパートナー・プログラムに合格となります。

審査についての説明は以上です。次に、YouTube広告の種類と収益の発生タイミングについて説明していきますね。

 

YouTube広告の種類と収益の発生タイミング

YouTube広告には以下の7つがあります。

  1. ディスプレイ広告
  2. オーバーレイ広告
  3. スキップ可能な動画広告
  4. スキップ不可の動画広告
  5. ミッドロール広告
  6. バンパー広告
  7. ネイティブモバイル広告

これら広告は、それによって収益発生のタイミングが変わってきます。1つ1つ簡単に説明していきますね。

 

ディスプレイ広告

YouTubeディスプレイ広告

動画横に表示される広告です。PCのみ表示されます。もし、モバイル端末にて表示されても収益は発生しません。

収益発生のタイミング

  • 視聴者が広告を視聴したとき
  • 広告がクリックされたとき

※広告の料金体系によって発生タイミングが変わる

 

オーバーレイ広告

YouTubeオーバーレイ広告

動画ウィンドウの下部に表示される広告です。PCのみ表示されます。もし、モバイル端末やTV、ゲーム機から視聴しても収益は発生しません。

収益発生のタイミング

  • 広告をクリックして広告の全体を表示したとき

 

スキップ可能な動画広告

YouTubeスキップ可能な広告

動画の再生前、再生中、再生後に挿入可能なスキップ可能の広告です。視聴から5秒後にスキップ可能となります。端末の種類を問わず収益が発生するのは、この広告のみとなります。

収益発生のタイミング

  • 視聴者が広告を30秒間視聴したとき
  • 30秒未満の広告は最後まで視聴したとき

 

スキップ不可の動画広告

YouTubeスキップ不可の広告

動画の再生前、再生中、再生後に挿入可能なスキップ不可の広告です。PCまたはモバイル端末のみに表示されます。TVまたはゲーム機から視聴された場合、収益は発生しません。

収益発生のタイミング

  • 視聴者が広告を視聴したとき

 

ミッドロール広告

YouTubeミッドロール広告

長さが10分を超える動画でのみ利用可能な広告です。動画中の数か所に挿入されます。PCまたはモバイル端末のみに表示されます。TVまたはゲーム機から視聴された場合、収益は発生しません。

収益発生のタイミング

  • 視聴者が広告を30秒間視聴したとき
  • 30秒未満の広告は最後まで視聴したとき
  • 広告を最後まで視聴したとき

※広告の料金体系によって発生タイミングが変わる

 

バンパー広告

YouTubeバンパー広告

最長6秒のスキップ不可の広告です。PCモバイル端末のみに表示されます。TVまたはゲーム機から視聴された場合、収益は発生しません。

収益発生のタイミング

  • 視聴者が広告を視聴したとき

 

ネイティブモバイル広告

YouTubeネイティブモバイル広告

動画の説明文以下に表示される広告です。モバイル端末のみの表示となります。なお、この広告は見かけたことがなかったため、YouTubeの説明文を解釈して図としています。

収益発生のタイミング

  • 視聴者が広告を見たとき
  • 広告がクリックされたとき

※広告の料金体系によって発生タイミングが変わる

 

YouTube Premiumの収入の仕組み

次にYouTube Premiumの収益の仕組みを説明していきます。YouTube Premiumの特徴である『広告なし』『オフライン再生』『バックグラウンド再生』の3点に焦点を当てて説明していきますね。

 

YouTube Premiumの収入源と報酬額の決まり方

まず前提として、YouTube Premiumは広告収入ではありません。YouTube Premiumは、有料会員から支払われた料金をもとに配分される2つ目の収入源となります。

YouTube公式では、

YouTube Premium は、既存の広告による収益源に加えて、クリエイターの2つ目の収益源となります。

との回答がありまして、通常の広告収入とは別物と見て良さそうです。ですから、広告なしでも問題なく収入が得られます

 

では、その金額はどのように決まるのでしょうか。

YouTube公式では、以下のような回答がありました。

現在、YouTube Premium の料金から得られる新しい収益は、YouTube Premium ユーザーによるコンテンツの再生時間に基づいて、動画クリエイターの皆様に分配されます。YouTube の広告ビジネスと同様に、収益のほとんどはクリエイターの皆様が受け取ります。

つまり動画の再生時間をもとに計算され、金額が決まるようですね。

再生時間あたりの単価はまだわかりませんが、『広告がどれだけ再生されたか』『広告がクリックされたか』に関わらず、純粋にコンテンツの再生時間が収入になるというのは、クリエイター側としては嬉しいポイントなのではないでしょうか。

 

では次に、オフライン再生やバックグラウンド再生の場合について説明していきますね。

 

オフライン再生とバックグラウンド再生の報酬額の決まり方

まずはオフライン再生から。YouTube公式には以下のような回答がありました。

ダウンロードされた動画の視聴時間はオンラインでの視聴時間と同様に記録され、ユーザーが次にログインしたときに総再生時間として計上されます。

オフラインの再生時間についてはログイン時に計上され、総再生時間で報酬額が決まるようですね。オフライン再生についても、クリエイター側で特に意識する必要はなさそうです。

 

次にバックグラウンド再生について。YouTube公式では以下のように回答されています。

YouTube Premium のメンバーが他のアプリの使用中に再生したコンテンツや端末の画面をオフにして再生したコンテンツは、総再生時間としてカウントされます。

こちらも特に問題なしですね。バックグラウンド再生時間もちゃんと計上された形で報酬額が決定されるようです。

 

以上のことから、オフライン再生、バックグラウンド再生どちらの場合においても、総再生時間として計上され報酬額が決まります。クリエイター側では特に意識する必要はないとのことです。

 

最後に

最後にこの記事のポイントをおさらいしておきます。

  • YouTube Premiumでも収入を得られる。
  • YouTube Premiumの収入額は再生時間に基づいて分配される。
  • オフライン再生、バックグラウンド再生時においても再生時間に応じて収入を得られる。

 

YouTube Premiumユーザーが視聴した分に関しては再生時間がそのまま収入につながるということですから、クリエイターは今まで以上に良いコンテンツ作りに集中できますね

YouTube Premiumが日本のユーザーに受け入れられるかはまだわかりませんが、オフライン再生やバックグラウンド再生はかなり便利そうですし、音楽も聴き放題とのことで、かなり利用者が増えてくるのではないでしょうか

と、音楽聞き放題のことをメリットとしてあげましたが、競合とみられるAmazonMusicUnlimitedにて、現在3ヵ月99円キャンペーンをやっているようです通常月額980円ですから、97%OFFで利用できちゃいます。正直に言って、まずはこっちを試してみたほうがいいかもしれませんね。

この記事内で解説した内容が、現在YouTubeで活躍されている方、これからYouTubeで活動していこうと思っている方の参考になれば幸いです。

 

なお、この記事は以下の情報を参考にしています。

YouTube Premium公式サイト

YouTube Premium収益に関する公式ヘルプ

YouTube広告フォーマット種類

 

【低スペックでも楽しめる!】古いスマホでもサクサク遊べるおすすめの無料スマホゲーム特集
【低スペックでも楽しめる!】古いスマホでもサクサク遊べるおすすめの無料スマホゲーム特集 最近のスマートフォンの進化はすごいですね。毎年スマートフォンの性能は進化していき、それに合わせてアプリが求める性能も日々...